ながら健康法のおすすめ

健康について興味がない人はいないでしょう。
特に50代を過ぎてくると、病気とか健康法の話題が多くなってきます。

 

巷で流行っている健康法で代表的なものはウォーキングでしょう。
朝早い時間に出歩くとたくさんの人が歩いているのを見かけます。
仕事を引退した方ならば、毎朝のウォーキングは意志さえ強固であれば可能でしょうが、
現役のサラリーマンはなかなか毎日ウォーキングをするのは難しいでしょう。

 

ただし、サラリーマンでも何らかの運動をしておかないと、成人病などの病気が心配です。
特にデスクワークの方は、毎日ほとんど運動をしない生活が続いてしまう可能性があります。

 

それではどうすれば良いでしょう。

 

私の周りで話題になっている健康法を紹介します。
それはながら健康法です。何か健康に気をつけてするのではなく、
自分の生活の中で運動できる状況を作りだして生活の一部として習慣化するのです。

 

たとえば、私はウォーキングをしようと思っても長続きしませんでした。
それでも何とか身体を動かす方法はないかと考えていました。

 

そんな時友人からながら健康法の話を聞きました。
普段の生活の中で、自然と運動が出来る時間はないかと考えてみました。

 

そこで思いついたのが通勤時間です。
私は電車とバスを使って通勤していますが、バスの期間を歩く事にしたのです。
実際歩いてみると時間的には15分程度しか変わらない事が分かりました。

 

会社に行かない訳にはいきませんので、自分の意思にかかわらず継続が可能です。
デスクワークの方は、仕事中に足首を上下させたり、
腿の筋肉を締める事によって簡単な筋肉トレーニングが可能です。

 

ながら健康法はあえて時間を作って
運動しようとすることと違って長続きしますので試してみてください。