最近話題になったゴボウ茶を試しに作ってみました

詳しく覚えていませんが、テレビであるお医者さんが紹介していたと思います。

 

ゴボウと言えば、食材の中でも脇役の方です。
体にいいことはわかっていても、毎日食べるのは難しい。
最近の日本人の傾向として食物繊維(ゴボウは豊富に含んでいる)を
十分に取れていないというのを以前資料で見ました。

 

そう思っているとちょうどよく、手軽にゴボウの栄養を摂取できるゴボウ茶をテレビで見ることができました。
もともと私は健康食をとにかく試してみることにしています。

 

次の日にさっそくゴボウを2本買ってきて教えられた通りに作りました。
泥つきのものがよく、皮ごと調理します。ピーラ―で薄くそいでいって、
それをレンジで乾燥させて、フライパンで軽くいため完全に乾燥させて出来上がり。
これを茶葉のように使って飲みます。

 

作っている時、家じゅうにゴボウの香りが広がり、
私が何かを料理して焦がしたように家族から思われました。

 

作り方をテレビで見たときはかんたんだなと思いましたが、
いざ作ってみるとゴボウはながいので薄くそぐのが時間がかかる。
しかも2本も作ったので…。そして意外と乾燥しにくい。気を抜くとすぐに焦げてしまいます。
これが作る時のポイントです。

 

まあたくさん作る方が便利ですけどね。私は冷凍保存しています。
さっそく出来立てを飲んでみました。私はゴボウが好きだから無理なく飲めました。
土の匂いが強いと言って私の弟は飲めませんでしたが。ホットの方が香ばしくておいしいです。

 

これなら毎日でも続けられると思いました。
ダイエットをしたい人、便秘の人は試してみるべきです。

 

大腸がんは食物繊維をたくさん取ることで予防につながると聞きました。
最近ではドラッグストアに売ってありますね。作るのが面倒だという人はそちらを。